マンション投資の利回りをシミュレーションしてみましょう

計画的な運営が大前提になります

マンション投資を行う際には、利回りに意識を向けましょう。事前に運営計画を立て、そのお金の増え方をシミュレーションしておくとよいでしょう。目先の利益を追うのではなく、5年や10年、20年や30年後までの利益のことまで計算し、その全体像を把握しておくことが大切です。不動産を運営するということは利益と損失を把握し、その収支でプラスにしていかなくてはなりません。細かい金額をはじきだし、その流れをつかんでおかないと上手く運営していくことはできません。

30年先のことまで考えましょう

不動産投資を行うかたの多くは、銀行などの金融機関から融資を受けます。昨今は二十代や三十代という比較的若い方の不動産投資参入が増えていますので、数十年先のことを見越して投資物件を購入する方が増えています。不動産投資は長い目で見て利益を得ていくものですので、若い方のほうが有利と言えます。また、マンション投資で組むローンは30年や35年という長期間のものが多いので、少なくとも30年先のことまでシミュレーションをし、お金の増え方を確認しておくことが、失敗のない投資の第一歩になります。

毎月の収支に常に気をつけましょう

不動産投資はキャピタルゲインやインカムゲインという、収入の形が投資スタイルによって異なります。そのため、20年や30年後にプラスになることを確認し、シミュレーション結果に基づいて運営を行っていく必要があります。利回りはとても大切です。投資用マンションの運営を行うからには稼働率に意識が向かいがちですが、利益率が少なければ利益をコンスタントに得続けていくことはできません。ローンの返済やその他所経費で、結果的にマイナスになってしまうことにもなりかねません。利回りの計算は、家賃やローン返済額などの見積もりを出していくことで算出することができます。昨今は銀行で融資を受ける際に、経験豊富な銀行員のかたがその運営やローン返済に関して、一緒に計画を立てて検討を進めてくれます。銀行側としてもしっかりと利益率のある安定物件を購入していただかないと意味がないわけですので、投資家の方へのサポートも充実しています。遠慮なく活用しましょう。銀行のスタッフの中にはマンション投資に関してプロフェッショナルのかたもいますので、銀行の利用者として遠慮なくご不明なことや気になることを訪ねていくとよいでしょう。